家賃(賃料・地代)の交渉は家賃交渉サポートセンターへ

民法その3

(制限行為能力者の詐術)

第二十一条|家賃交渉サポートセンター

 制限行為能力者が行為能力者であることを信じさせるため詐術を用いたときは、その行為を取り消すことができない。     第三節 住所 (住所)

第二十二条|家賃交渉サポートセンター

 各人の生活の本拠をその者の住所とする。 (居所)

第二十三条|家賃交渉サポートセンター

 住所が知れない場合には、居所を住所とみなす。 2  日本に住所を有しない者は、その者が日本人又は外国人のいずれであるかを問わず、日本における居所をその者の住所とみなす。ただし、準拠法を定める法律に従いその者の住所地法によるべき場合は、この限りでない。 (仮住所)

第二十四条|家賃交渉サポートセンター

 ある行為について仮住所を選定したときは、その行為に関しては、その仮住所を住所とみなす。     第四節 不在者の財産の管理及び失踪の宣告 (不在者の財産の管理)

第二十五条|家賃交渉サポートセンター

 従来の住所又は居所を去った者(以下「不在者」という。)がその財産の管理人(以下この節において単に「管理人」という。)を置かなかったときは、家庭裁判所は、利害関係人又は検察官の請求により、その財産の管理について必要な処分を命ずることができる。本人の不在中に管理人の権限が消滅したときも、同様とする。 2  前項の規定による命令後、本人が管理人を置いたときは、家庭裁判所は、その管理人、利害関係人又は検察官の請求により、その命令を取り消さなければならない。 (管理人の改任)

第二十六条|家賃交渉サポートセンター

 不在者が管理人を置いた場合において、その不在者の生死が明らかでないときは、家庭裁判所は、利害関係人又は検察官の請求により、管理人を改任することができる。 (管理人の職務)

第二十七条|家賃交渉サポートセンター

 前二条の規定により家庭裁判所が選任した管理人は、その管理すべき財産の目録を作成しなければならない。この場合において、その費用は、不在者の財産の中から支弁する。 2  不在者の生死が明らかでない場合において、利害関係人又は検察官の請求があるときは、家庭裁判所は、不在者が置いた管理人にも、前項の目録の作成を命ずることができる。 3  前二項に定めるもののほか、家庭裁判所は、管理人に対し、不在者の財産の保存に必要と認める処分を命ずることができる。 (管理人の権限)

第二十八条|家賃交渉サポートセンター

 管理人は、第百三条に規定する権限を超える行為を必要とするときは、家庭裁判所の許可を得て、その行為をすることができる。不在者の生死が明らかでない場合において、その管理人が不在者が定めた権限を超える行為を必要とするときも、同様とする。 (管理人の担保提供及び報酬)

第二十九条|家賃交渉サポートセンター

 家庭裁判所は、管理人に財産の管理及び返還について相当の担保を立てさせることができる。 2  家庭裁判所は、管理人と不在者との関係その他の事情により、不在者の財産の中から、相当な報酬を管理人に与えることができる。 (失踪の宣告)

第三十条|家賃交渉サポートセンター

 不在者の生死が七年間明らかでないときは、家庭裁判所は、利害関係人の請求により、失踪の宣告をすることができる。 2  戦地に臨んだ者、沈没した船舶の中に在った者その他死亡の原因となるべき危難に遭遇した者の生死が、それぞれ、戦争が止んだ後、船舶が沈没した後又はその他の危難が去った後一年間明らかでないときも、前項と同様とする。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 対応エリア 家賃交渉の専門家 お問い合わせ