家賃減額診断

 

 

下記の家賃減額診断の項目に一つでも該当する場合は、家賃の値下げができる可能性があります。

 

賃料(家賃・地代)が月額30万円以上

 

定期借家・定期借地契約ではない。

 

賃料(家賃や地代)がなんとなく高い気がする。

 

店舗の売り上げが落ちている。

 

バブル期(61年〜平成3年)やミニバブル期(平成18年〜平成21年)またはその周辺時期に契約がなされている。

 

家主に減額交渉を自分で行ったが何の連絡もない、もしくは断られた。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 料金 専門家 お問い合わせ 家賃交渉の流れ 質問集