家賃専門家への外注メリット

家賃交渉を自分たちで行いますか?

 

専門外の業務は専門家に任せた方がいいと思います。

 

自分たちで家賃減額交渉をすることは可能です。

 

なお、家賃削減コンサル会社には弁護士法第72条に違反している

 

会社や不動産鑑定評価に関する法律に違反している会社も存在

 

しておりますから

 

注意が必要です。

 

家賃減額コンサル会社に頼むメリット

 

メリット1 賃料(家賃・地代)交渉によるトラブルを回避できる。

家賃交渉には思わぬトラブルに巻き込まれたりします。それは、家賃交渉や家賃評価を行うにはそもそも交渉力や民法、借地借家法、不動産鑑定評価基準のみならず、都市計画法や建築基準法、土地区画整理法、農地法、都市再開発法、道路法、河川法、海岸法、森林法、自然公園法、土壌汚染対策法、税法(固定資産税、都市計画税、不動産取得税、相続税、法人税、所得税、消費税、印紙税ほか)などを理解した上で交渉を行わなければならないため、それを知らないと相手方とトラブルになってしまうためです。従って、家賃交渉時のトラブルを回避するためにも専門家(弁護士、不動産鑑定士、税理士)に任せた方がいいのです。

 

メリット2 家賃交渉による煩わしさを回避できる。

上記で述べたとおり、家賃交渉や家賃評価を行うには交渉力や民法、借地借家法、不動産鑑定評価基準のみならず、都市計画法や建築基準法、土地区画整理法、農地法、都市再開発法、道路法、河川法、海岸法、森林法、自然公園法、土壌汚染対策法、税法(固定資産税、都市計画税、不動産取得税、相続税、法人税、所得税、消費税、印紙税ほか)などを理解し、使いこなせなければなりません。従って、これらを自分たちで勉強した上で交渉を行うには、膨大な時間と労力が必要となってきます。こんな時間や費用をかけて行うメリットは少なく、家賃減額の専門家に任せた方が良いと思われます。

 

メリット3 家賃の増減額や成功率がUPする

上記でのべたとおり、賃料(家賃や地代)の交渉には高度な職業専門知識が不可欠であることからわかるように、交渉にあたる担当者によって大きく成功率や増減額が異なります。つまり、多くの担当者を抱えている家賃減額・家賃適正化コンサルティング会社は担当者の当たりはずれがあることに注意です。

 

 

家賃交渉サポートセンターの場合

家賃交渉サポートセンターは、交渉を生業とする弁護士が必ず交渉いたします。

 

家賃交渉サポートセンターは、賃料評価のプロである不動産鑑定士が賃料評価致します。

 

家賃交渉サポートセンターは、民法、借地借家法、不動産鑑定評価基準のみならず、都市計画法や建築基準法、土地区画整理法、農地法、都市再開発法、道路法、河川法、海岸法、森林法、自然公園法、土壌汚染対策法、税法(固定資産税、都市計画税、不動産取得税、相続税、法人税、所得税、消費税、印紙税ほか)などについて深い知識を有する弁護士、不動産鑑定士、税理士の職業専門家集団です。


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 料金 専門家 お問い合わせ 家賃交渉の流れ 質問集