家賃(賃料・地代)の交渉は家賃交渉サポートセンターへ

要件@

@現行の賃料が客観的にみて「不相当」となったこと

不相当になったことの判断要素として、条文では下記のとおりである。

1 土地または建物の公租公課の増額・減額
2 土地または建物の価格の上昇・下落、その他経済事情の変化
3 周辺の類似の土地や建物の地代・家賃との比較

 

上記はあくまで例示であり、これら以外の要素が考慮される場合もある。
逆に言えば、上記1〜3に変動があっても、そのことのみで直ちに増減請求権が発生するものでもない。
重要なのは、従来からの賃料で賃貸借当事者間を拘束することが不公平であるか否かである。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 対応エリア 家賃交渉の専門家 お問い合わせ