家賃(賃料・地代)の交渉は家賃交渉サポートセンターへ

要件B

B前回の改定から相当の期間が経過していること

条文上に明文されていないが、解釈上の要件とされている。

 

経済情勢や公租公課等の大きな変化によって、賃料が不相当な状態に至った場合は、

 

たとえ前回の賃料改定からたいして期間が経過していなくとも

 

賃料の増減請求権は発生するものと解釈されている。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 対応エリア 家賃交渉の専門家 お問い合わせ