賃料改定の根拠法

賃料改定の根拠法記事一覧

賃料交渉の根拠となる法律

賃料増額・賃料減額の前提となる法律借地借家法の賃料改定に関する規定借地借家法は、契約締結時に決めた賃料(地代及び家賃)が、その後の経済的、社会的な事情等の変動によって客観的に不相当となった場合、なお当事者を拘束し続けるのは妥当ではないことから、事情変更の原則の考え方を一般化して、借地借家法そのものの...

≫続きを読む

 

要件@

@現行の賃料が客観的にみて「不相当」となったこと不相当になったことの判断要素として、条文では下記のとおりである。1 土地または建物の公租公課の増額・減額2 土地または建物の価格の上昇・下落、その他経済事情の変化3 周辺の類似の土地や建物の地代・家賃との比較上記はあくまで例示であり、これら以外の要素が...

≫続きを読む

 

要件B

B前回の改定から相当の期間が経過していること条文上に明文されていないが、解釈上の要件とされている。経済情勢や公租公課等の大きな変化によって、賃料が不相当な状態に至った場合は、たとえ前回の賃料改定からたいして期間が経過していなくとも賃料の増減請求権は発生するものと解釈されている。

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 料金 専門家 お問い合わせ 家賃交渉の流れ 質問集